忍者ブログ
吉備人出版・金澤健吾の編集日和です。
<< 02  2020/03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    04 >>
[559]  [558]  [557]  [556]  [555]  [554
3月×日
岡山市へ本部を置くNGO・国際医療ボランティア組織のAMDAに、書籍の打ち合わせで訪問。受付でアルコール消毒とマスクの着用を求められる。来客用のマスクは、受付カウンターに常備してあった。自然災害や戦争などで苦しんでいる人たちへの医療救援など緊急人道支援活動をしているAMDAは、コロナウイルス感染が拡大する中でも医療支援に奔走している。こうした国内外で人道支援を続けている団体が岡山にあることを、誇りに思う。後方支援をする事務系の人たちに感染しては活動に支障が出る。マスクをせずに訪問したことを反省し、必要事項を打ち合わせして速やかに引き上げた。
3月×日
造山古墳の駐車場に、日本遺産「桃太郎伝説」に認定されたことで、造山古墳についての解説物を展示したビジターセンターが建つ。もう建物は出来ているようで、その中の展示パネルや看板の制作を下請け業務として手伝っている。造山古墳は墳丘に立ち入ることができる古墳としては最も大きく、近隣の小学生は学校行事として見学に行っている。展示パネルの小さなコーナーで、「桃太郎伝説」と絡めて、桃太郎は誰かとの設問と短い答えが採用されている。子どもたちにぜひ読んでほしい部分だ。センターのオープンは4月。
3月×日
森友学園への国有地売却に関する決裁文書の改ざん問題で、自殺した財務省職員の遺族が、国と元理財局長を提訴した。全文公開された遺書は衝撃的だった。亡くなった財務局職員は、岡山県出身という。遺書の文面から、公文書の改ざんを上司から強要されて苦しんだ、真面目な人柄がうかがえる。桜を見る会問題でも、招待客名簿がシュレッダーにかけられ廃棄されている。公文書の改ざんや名簿の破棄や桜問題は、誰が現場に指示したのか、誰が誰を忖度してやったのか、多くの国民には透けて見えている。自らの命を絶った財務局職員の遺族の訴えに誠実に対応しようとしない姿勢は、真実を隠し通して政権に居座ろうとしているとしか見えない。為政者は、方谷のいう「至誠」を尽くす人であってほしい。
3月×日
仕事を終えると、その日の夜出発の高速バスで関東へ。二十数年ぶりの夜行バス。コロナウイルスの影響なのか、乗客はまばらで10人もおらず、誰かが咳をすると警戒してしまう。早朝に到着して街歩きをして、進学の準備で一足早く到着していた娘らと合流。途中、開店前のドラッグストアには、マスクを求めての長い行列ができていた。訪れた家電屋や家具店なども、混雑とはいえないまでも賑わっていた。マスクをする、トイレに行くと石鹸で手洗いする、を原則にして過ごす。どこへ行ってもできる範囲で、コロナウイルスの触手にふれない対策が必要。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
プロフィール
HN:
執筆:金澤健吾
性別:
男性
自己紹介:
吉備人出版 取締役。
方谷研究会。
おかやま自転車ネット。
twitter/kibitoman
岡山の古代・中世・戦国・近世など郷土史大好き。岡山本も大好き。自転車、ジョギング、自然好き。ジャズ、ロックなど音楽好き。子育て中。
最新コメント
[02/26 岡山商科大学はあなたの夢を叶えます!]
[09/04 r1pb1jm142]
[05/20 omachi]
[12/23 やぶひび]
[07/01 和]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(04/01)
(04/08)
(04/15)
(04/24)

Copyright (c)ほぼ週刊 編集日和 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]