忍者ブログ
吉備人出版・金澤健吾の編集日和です。
<< 12  2020/01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    02 >>
[549]  [548]  [547]  [546]  [545]  [544
1月×日
新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
正月の三が日は、近所の神社や吉備津彦神社、吉備津神社の初詣、実家やイオンなどに出かけて家族と過ごす。雑煮やおせちなど普段より食事の量が増えて、3〜5日で体重が3キロ近く増えていた。運動量が減り、カロリー摂取量が増えた当然の結果。ここでも「入(いり)を量(はか)り出(いずる)を為(なる)す」ことが重要だ。藩の財政も家計も、そして個人のカロリーも、入を量り出を制していこう。
1月×日
「ハンマーを持て。バカがまた壁をつくっている。」。朝日新聞に掲載された宝島社の見開き広告。なんとも時代の感覚を捉えて問題提起するキャッチコピー。思わず新聞広告に拍手した。確かにベルリンの壁が壊されて30年経ってみると、壁をつくりたがる人があちこちから出ている。毎年掲載される広告だが、今年がもっとも時代にマッチしているように思う。宝島社のこういう企業姿勢が面白い。
1月×日
奈良時代の中央官僚で政権中枢にいた、吉備出身の吉備真備、2度も遣唐使として唐に渡っている。その真備が筆をとったとされる墓誌が中国国内で見つかり、真備の筆跡が中国に残っていると話題になっている。新聞では、真備の書とすれば国内外で初めて確認されたことになるという。しかし、吉備真備の筆跡ではないかという墓誌が、奈良県五條市から江戸時代に出土している。それは真備の母である楊貴氏とされる「楊貴氏墓誌」。この真偽について、間壁葭子氏が1月末刊行予定の近刊の中で述べている。ご注目を。
1月×日
年が明けて通常業務。やたらとせわしい。年度末に向けて、小さな締め切りや大きな締め切りが次々とある。小さな波も大きな波も元気に乗り越えて、今年も無事に過ごしていこう!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
プロフィール
HN:
執筆:金澤健吾
性別:
男性
自己紹介:
吉備人出版 取締役。
方谷研究会。
おかやま自転車ネット。
twitter/kibitoman
岡山の古代・中世・戦国・近世など郷土史大好き。岡山本も大好き。自転車、ジョギング、自然好き。ジャズ、ロックなど音楽好き。子育て中。
最新コメント
[02/26 岡山商科大学はあなたの夢を叶えます!]
[09/04 r1pb1jm142]
[05/20 omachi]
[12/23 やぶひび]
[07/01 和]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(04/01)
(04/08)
(04/15)
(04/24)

Copyright (c)ほぼ週刊 編集日和 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]