忍者ブログ
吉備人出版・金澤健吾の編集日和です。
<< 01  2020/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29    03 >>
[553]  [552]  [551]  [550]  [549]  [548]  [547]  [546]  [545]  [544]  [543
12月×日
前日日曜の朝日新聞全国版に小社の新刊『そらまめかぞくのピクニック』が紹介される。全4段カラーで、電話番号も書いてくれていたので、朝から電話が鳴りっぱなし。日常業務が滞るほど。九州や北海道から講読の申込みが続く。なじみのない住所に漢字を尋ねるのに時間を要するため、郵便番号から住所を表示するサイトを開いて対応する。この方が早くてメモがきれい。書籍『ありがとう』が読売新聞の全国版で紹介されたときもすごかった。全国紙の全国版の反響はスゴイ。
12月×日
水島臨海鉄道が来年に50周年を迎えるにあたり、鉄道沿線の高等学校で「50周年事業」についてのワークショップがあり取材で参加。水島臨鉄は、倉敷市駅と水島工業地帯の入口の三菱自工前駅の約10㎞を運行。戦前に酒津から東西の2本に分流していた東高梁川が改修されて廃川になり、河口地帯に建設された工場に物資や完成品を運ぶ流通路として建設された。戦後になって第三セクターとなり、地域の人の足となっている。地域の若者と一緒に、将来を考えていく企業姿勢がすばらしい。
12月×日
年の瀬は年の瀬戸際。12月がもう一カ月あったらと思うが、仕事は強制終了。最終土曜は、ずっと延期していた鬼ノ城の近くにあり、鬼の住処だったと伝わる鬼の差し上げ岩の撮影に行く。鬼が巨岩を持ち上げたときについた、鬼の手形がその岩に残っているという。登山をして訪れたのに、手ぶらで帰るのもよくないので、巨岩の上や下を探してやっと「これでは」という窪みを見つける。この史跡は「桃太郎伝説」のストーリーを深めてくれる。構成文化財から外れたのは残念。午後は印刷会社の年末行に参加し、「温羅太鼓」の演奏を鑑賞する。この日は、鬼ノ城と温羅の一日だった。

今年も各方面の皆様にたいへんお世話になりました。皆様なくして今年一年を無事に過ごすことはできませんでした。ありがとうございました。来年も引き続きよろしくお願い致します。2020年が、皆様にとってよい年でありますように。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
プロフィール
HN:
執筆:金澤健吾
性別:
男性
自己紹介:
吉備人出版 取締役。
方谷研究会。
おかやま自転車ネット。
twitter/kibitoman
岡山の古代・中世・戦国・近世など郷土史大好き。岡山本も大好き。自転車、ジョギング、自然好き。ジャズ、ロックなど音楽好き。子育て中。
最新コメント
[02/26 岡山商科大学はあなたの夢を叶えます!]
[09/04 r1pb1jm142]
[05/20 omachi]
[12/23 やぶひび]
[07/01 和]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(04/01)
(04/08)
(04/15)
(04/24)

Copyright (c)ほぼ週刊 編集日和 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]