忍者ブログ
吉備人出版・金澤健吾の編集日和です。
<< 09  2018/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[396]  [395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [390]  [389]  [388]  [387]  [386
12×
日本漢字能力検定協会が発表した「今年の漢字」は「金」。リオ五輪の金メダルラッシュや「政治とカネ」の問題、トランプ次期米大統領の「金髪」などの理由で、一般からの応募が多かったようだ。「金」は3回目だそうで、4年後の東京オリンピックの年も「金」が予想される。今後、回を重ねると「今年の漢字」の面白さは無くなってきそうだ。「今年の漢字」の意味のなさについでに考えてみるに、私の今年の漢字は「走」だ。「そうじゃマラソン」と「おかやまマラソン」に出場したし、仕事も走ったから。
12×
県北在住の某作家の原稿が届く。時代小説の作品は何本も発表している作家だが、歴史小説は初挑戦。「これまで県内の歴史に興味を持ったことはなかった。岡山は暮らしの場であって、書く対象にならなかった」と言う。史料の読み込みを初めて、やっと岡山の歴史の一端が見えてきたそうだ。今回のものは短編だけに難しそう。どの場面を切り取って、どう表現しているかが読みどころ。それにしても文章がさまになっていて、短文でも読ませる。さすがプロの小説家。
12×
『土が語る古代・中近世』が出来る。著者は考古学専攻の大学の先生。来年の退官を前に、これまで発表してきた論文を1冊にまとめられた。専門は土器成分の科学的分析から産地を選定する。これまでは土器の形式や文様、土の性質など考古学的な仮説を、科学的に想定する。例えば、鬼ノ城出土の須恵器が地元の窯で焼かれていることを検証し、鬼ノ城の人々を支えたのは地元の人たちだと考えることができるそうだ。販売は年明けに。12月に3冊刊行予定で、残りの1冊ができるのはギリギリの28日。
12×
県観光連盟を訪ねて「岡山弁トランプ」をPR。数日後、facebook「おかやま穴場ネット」(岡山県観光連盟)のサイトでこのトランプを紹介してもらうと、シェア37件、リーチ2000件。コメントも12件つく。小社のfacebookをはじめ、書店などでも独自にでアップしてくれた。この日は、アマゾンと取次店の地方小からの注文は、それぞれ18件と7件。ネット書店はリアル書店の倍以上。そして、『トゥイ・キォウ…』『石刻の…』などはコンスタントに注文が入る。リアル書店では皆無。アマゾン恐るべし。
12×
「岡山弁トランプ」販促のために岡山市観光コンベンション協会に。同協会では学会の研究会やスポーツ大会など、全国規模でのコンベンション誘致の活動をしている。大会や会合の記念品に使ってもらおうという魂胆だった。手短に要件を話して、土産のカタログの一つに加えてもらうことに。1つが数百円のものが多く使われるようだが、児島ジーンズのバックや予算があれば倉敷帆布の商品も採用されてきたそうだ。「岡山弁トランプ」がどう受け止められるか未知数だが、決まればまとまった数になるはず。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
プロフィール
HN:
執筆:金澤健吾
性別:
男性
自己紹介:
吉備人出版 取締役。
方谷研究会。
おかやま自転車ネット。
twitter/kibitoman
岡山の古代・中世・戦国・近世など郷土史大好き。岡山本も大好き。自転車、ジョギング、自然好き。ジャズ、ロックなど音楽好き。子育て中。
最新コメント
[09/04 r1pb1jm142]
[05/20 omachi]
[12/23 やぶひび]
[07/01 和]
[07/01 和]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(04/01)
(04/08)
(04/15)
(04/24)

Copyright (c)ほぼ週刊 編集日和 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]