忍者ブログ
吉備人出版・金澤健吾の編集日和です。
<< 10  2018/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[486]  [485]  [484]  [483]  [482]  [481]  [480]  [479]  [478]  [477]  [476
9月×日
かつて大衆演劇の旗手とも言われた里見要次郞に、取材で再会する。吉備人出版の創業まもない1996年、彼の写真集『里見要次郞のすべて—芝居人生春夏秋冬—』を製作した。優雅な舞台からプライベートまで、人気役者の魅力を満載した写真を載せ、巻末は伝説の投手・江夏豊と山田スミ子の鼎談を収録。劇場で販売するプライベート版として納品した。22年前のことを彼は覚えていた。話はすぐに、この出版の話を取り持ち、その後逮捕された人物のことになった。当時は思いもしなかったが、この写真集の話をするとき、必ず付いてくるエピソードになっている。制作関係者は常に健全でありたい。
9月×日
取材で後楽園の延養亭に行く。係の人に案内され、鶴鳴館から廊下伝いに能舞台の脇を通り、栄唱亭をかすめて、岡山城主が後楽園でくつろぐ延養亭の内部に。延養亭からの見る後楽園は、最も眺めが美しいとされるビューポイント。沢の池や唯心山、借景として操山中腹の安住院多宝塔なども、ここからの視点で配置されている。実際に、座敷から景色を見るとやはりきれい。延養亭に3間あり、ゆったりくつろげそうだった。猛暑にもかかわらず、意外と涼しいのには驚き。大きな建物なので、風通りもよく、過ごしやすい。午前中だったが、昼寝したい気持ちにさせられた。
9月×日
『表町商店街物語』(仮題)に掲載する「遠藤青汁」の写真を撮影するため、売られている店を探す。が、どこにもない。そこで本社に電話でたずねると、販売方法は小売をせず、宅配のみと。小売しても、賞味期限が短く、マズイので売れないため店に置かない、とのことだった。仕方なく、本社に行って購入し、撮影後に飲んでみた。確かにマズイ。著者は子どもの頃に体が弱く、親に飲まされていたそうだ。このマズさは、子どもには苦痛だったろう。この遠藤青汁は倉敷中央病院の遠藤博士が開発して病院食に出され、雑誌などに紹介されてブームにもなったそうだ。悪役俳優の八名信夫がテレビCMで「うーん、まずい、もう一杯」と言って広まったそうだ。青汁の元祖は、この遠藤博士の「遠藤青汁」である。
9月×日
方谷研究会の役員会のため、駅前の料理店に行く。これまでは喫茶店のコーヒーで済ませていたが、初めてお酒を伴う店での打ち合わせ。初めていく店だった。セントラルビルの近くと聞いていたのだが、見つからず、迎えに来てもらう。案内された店に驚いた。そこは私が30年ほど前に、働いたことのある岡山日日新聞社の社屋。2階の社内、いや店内に上がると、すっかり今風のお店にリノベされていた。姿を変えてはいたが、当時の社内の様子がフラッシュバックされ、しばし思い出に浸ってしまった。私は2年間在籍して、岡山リビング新聞社に移った。オカニチは2011年に廃刊になった。
9月×日
西日本豪雨に続いて台風21号被害、そして北海道の震度7地震。自然の猛威が続く。先日、真備町で自宅が水没した方に会ったが、何と励ましてよいのか、言葉に詰まってしまった。大阪や北海道で、それぞれ被災した方々にお見舞いを申し上げる。知り合いにも、とりあえず「頑張れ」というしかなかった。各地で天災が起こると、このまま首都直下地震、そして南海トラフ地震へと続いていくような気分にもなってくる。そんな中、全米オープン決勝で、日本選手として初の4大大会制覇を果たした大坂なおみ選手の話題が明るい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
プロフィール
HN:
執筆:金澤健吾
性別:
男性
自己紹介:
吉備人出版 取締役。
方谷研究会。
おかやま自転車ネット。
twitter/kibitoman
岡山の古代・中世・戦国・近世など郷土史大好き。岡山本も大好き。自転車、ジョギング、自然好き。ジャズ、ロックなど音楽好き。子育て中。
最新コメント
[09/04 r1pb1jm142]
[05/20 omachi]
[12/23 やぶひび]
[07/01 和]
[07/01 和]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(04/01)
(04/08)
(04/15)
(04/24)

Copyright (c)ほぼ週刊 編集日和 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]