忍者ブログ
吉備人出版・金澤健吾の編集日和です。
<< 06  2018/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[387]  [386]  [385]  [384]  [383]  [382]  [381]  [380]  [379]  [378]  [377
10×
最近の電子書籍の話題は、アマゾンの電子書籍読み放題サービス「kindle unlimited」で、提供作品を削除された大手出版社が抗議したこと。「120万冊の電子書籍が月額980円で読み放題」でスタートしたが、アマゾンの誤算があった。想定以上のダウンロード利用があり、出版社に支払う費用が莫大になり、アマゾンがストップをかけたという。1割以上が読まれた場合、1冊まるごと読まれたのと同じ金額を出版社に支払う条件だったとか。アマゾンの見込み違いであり、ここはアマゾンが謝るというのが日本では筋だろう。それにしても、電子書籍も読み放題が当たり前の時代になるのか?
10×
週に数回、アマゾンから発注があり、宅急便で送り出す。送った書籍が発注の数と違うという連絡があるので、ダンボールに詰め込む前に写真を撮っている。今回、発注数の通りに送ったにもかかわらず、足りないと連絡があった。そこで写真を添付して「送っているはず。再確認を」と連絡していたところ、「発注数通りに受領していた」と返事があった。さらに「担当部署でもこの問題を深刻に受け止めております。すでに改善に向けた取り組みを開始しております。今後も引き続き、問題解決に向けて全力で取り組んで参りますので、……」と。アマゾンも謝るんだ。
10×
昨年発刊した本の続編をつくることになった。第1作目は、製本を新しい「PUR製本」にした。PURとはポリウレタンリアクティブの略で、新しい接着剤を使用する製本のこと。本の開きがよいというのが特徴ということだった。ところが、完成品は本の開きはよいが、元に戻りにくくい。開いた痕が残るものだった。全面写真の場合、接着剤と一緒に紙が剥がれ、写真が破れたようになる。製本所のやり方の失敗ではと思った程だ。製本所に問い合わせたら、こういうものとのこと。第2弾はこれまでの無線とじにすることに。新しい技術なら、すべてよいとは限らない。
10×
この日、あさのあつこ氏にインタビューして、岡山市長とあさのあつこ氏との対談に立ち会った。現在、同氏は岡山の歴史をテーマにした短いストーリーを執筆中。作家にとっては短すぎる分量のようだ。代表作『バッテリー』など現代物以外に、『弥勒の月』『夜叉桜』など歴史小説も手がけている。今回のものは、歴史小説ではなく時代小説なので、物語の制約も多い。歴史の一瞬を切り取り、その時代の登場人物の心情を、現代に生きる読者の心によみがえらせるという。書き下ろし原稿を待ちたい。市長もかなり岡山の歴史好きのようで、二人の話は時間オーバーだった。
10×
地震に遭ったのは、津山で建物の2階にいたとき。建物は古く、かなり揺れた。道向かいにあった歯医者のドアのガラスが、割れて落ちたのが見えた。スマホには「鳥取中部震度6弱」と表示。慌てて従業員と外に出た。前回の鳥取西部地震のときには、福山市内を車で走っていた。電柱と電線が激しく揺れた。阪神・淡路大震災のときには寝ていたが、揺れで目が覚めた。いつどこで発生するかも分からない地震。原発の近くが震源にならないとも限らない。建物にヒビが入り冷却水が漏れ出したら…。地震の最悪の事態は原発事故。再稼働なんて、とんでもない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
プロフィール
HN:
執筆:金澤健吾
性別:
男性
自己紹介:
吉備人出版 取締役。
方谷研究会。
おかやま自転車ネット。
twitter/kibitoman
岡山の古代・中世・戦国・近世など郷土史大好き。岡山本も大好き。自転車、ジョギング、自然好き。ジャズ、ロックなど音楽好き。子育て中。
最新コメント
[05/20 omachi]
[12/23 やぶひび]
[07/01 和]
[07/01 和]
[05/02 藤崎]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(04/01)
(04/08)
(04/15)
(04/24)

Copyright (c)ほぼ週刊 編集日和 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]