忍者ブログ
吉備人出版・金澤健吾の編集日和です。
<< 03  2018/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[448]  [447]  [446]  [445]  [444]  [443]  [442]  [441]  [440]  [439]  [438
12月×日
7年前に持ち込まれた出版企画「岡山英学史」。企画立案者から刊行断念の申し入れがあった。10人ほどの共著で、ほとんどの方から入稿され、残りの原稿は企画立案者だけになっていた。病気をされたり高齢のこともあり、福祉施設に入居されていた。こちらから連絡すると「体調がよくなったら…」ということが、数年も続いていた。ほとんどの執筆者とは面識がなく、中には亡くなった方もおられる。最近、企画立案者の周辺の方に「高齢なのだから無理をしてはいけない」と中止を勧められたという。誠に残念。
12月×日
「男性にも更年期障害があるので注意」をとTVで特集していた。女性だけでなく男性にも。何もやる気がしなくなったりイライラして怒りっぽくなったり、ほてりや集中力の低下など、心と体に不調が現れるそうだ。放置すれば、心筋梗塞や脳卒中、認知症などのリスクが高まるとか。原因は加齢に伴って、男性ホルモンが減少することによるらしい。自分には夜に目が覚めやすく、頭髪が少なくなるなど、加齢の兆候は顕著。そのほかに更年期障害の自覚症状はまだないが、イライラしないように気をつけようっと。
12月×日
財布に溜まる1円と10円の小銭を出して、貯めている。というか、最初は財布がかさばるので小銭をかき出していた。ふだんは、買い物時にはした金は出さずに、釣銭をもらう。数年前からは、財布にコインが増えると1円と10円だけをかき出して缶に入れることにしていた。毎年溜まった小銭を銀行に持って行くと、金額は1万円以上にもなる。1年間続けて毎年12月に通帳に入金している。今年の金額は12,286円也。ちりも積めれば山となる。小銭も1年貯めれば1万円。何事も一度にはできないので、コツコツ継続が肝要。
12月×日
書籍制作の費用を算出するとき、印刷費と製本費が必要となる。印刷所に製本代を含めた見積もりを出してもらう。同じ仕様の書籍でも、印刷所によって金額が変わる。印刷機が違うし、技術も違う。見積もり金額に差があるのは当たり前。大量部数に対応した印刷機を所有している印刷所では、少部数は高いが、多い部数になると安いという場合もある。安ければよいというわけでもないが、安さも大きな魅力。印刷所は大切な仕事のパートナーなので、不義理をせずに末永くおつき合いしたいもの。
12月×日
加計学園が来春、今治市に新設する獣医学部の推薦入試が実施されたという地元紙の記事。政治的にも大問題となった「森加計問題」。国会でも取り上げられても、結局、真相ははっきりしない。加計問題の地元である新聞も取材をしないまま。12月2日の地元紙に、加計学園医学部開校の全頁カラー広告が掲載されていたのを見たとき、「なるほど、それで追及しなかったのか」と一人で納得。こうして受験の記事や春開校のニュースを流しているうちに、忘れ去られるのだろう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
プロフィール
HN:
執筆:金澤健吾
性別:
男性
自己紹介:
吉備人出版 取締役。
方谷研究会。
おかやま自転車ネット。
twitter/kibitoman
岡山の古代・中世・戦国・近世など郷土史大好き。岡山本も大好き。自転車、ジョギング、自然好き。ジャズ、ロックなど音楽好き。子育て中。
最新コメント
[12/23 やぶひび]
[07/01 和]
[07/01 和]
[05/02 藤崎]
[02/14 藤崎]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(04/01)
(04/08)
(04/15)
(04/24)

Copyright (c)ほぼ週刊 編集日和 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]