忍者ブログ
吉備人出版・金澤健吾の編集日和です。
<< 09  2018/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[464]  [463]  [462]  [461]  [460]  [459]  [458]  [457]  [456]  [455]  [454
工事中
4月×日
先週、作家の夢枕獏氏が朝日新聞に全ページカラー広告を掲載していた。紙面上には自身の全身と自作3冊。この広告は作家自身が私費で広告料を持ったらしい。作家が出版社にプロモーション企画を提案しても受け入れてもらえず、自分で出稿することにしたらしい。だが、「元が取れるとは考えていない。だがやっておかなければ」ともいう。製作中の書籍の著者が山陽新聞にデカい広告をしたいという。書籍の存在を知ってもらうために、やらずにおれないようだ。著者が広告——、そういう時代?
4月×日
書店で流通させる書籍もつくるし、私家本もつくる。就実大学「ビジネス叢書」第3号もその一つ。今回のテーマは「インバウンドと地域振興」。岡山でも外国人観光客の数は増えており、タイムリーなテーマ。内容は、増え続けるインバウンドへの対応を同数か——日本の研究者、韓国と台湾の研究者、岡山県庁の行政マンや奥津温泉の旅館の経営者らの研究や実践的な活動報告。こういう情報こそ学外の観光関係者にも役に立ち、大学のPRにもなるのだが、いろんな事情があるようで、販売できない。もったいないね〜。
4月×日
4月×日
後楽園外苑の桜など、岡山市内では先週の土曜・日曜が満開だった。日曜に家族で、旭川の河川敷に出向いた。日曜の夕方だったせいか、屋台の前を闊歩する若者はヤンキーばっかり。岡山はヤンキーが多いち言われているが、目の当たりにする。咲き誇っていた桜も3日後には、ほとんど散っている。この日は岡山県の真ん中あたりの吉備中央町に行く。ここでは桜はまだ満開。山にはヤマザクラが咲き競っていた。県北の新庄村のがいせんの開花は、まだ数日後らしい。岡山県も南北に距離がある。春は桜が一番。
4月×日
書籍の刊行を記念して、著者が親族や知人を招待して出版会を開く。出版会の案内状に入れる書籍のチラシや返信用ハガキなどを作成し、発送の業務の依頼を受ける。著者から受け取った名簿を整理してタックシール化し、封入作業をする。60通ぐらいならばと軽く引き受けたら、郵便局で料金別納のスタンプを押して投函するまで約5時間を要する。土曜日中にということになっていたので、とにかく出せてホッとする。編集出版以外の業務も書籍関連なら、できる事はなんでも引き受けますよ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
プロフィール
HN:
執筆:金澤健吾
性別:
男性
自己紹介:
吉備人出版 取締役。
方谷研究会。
おかやま自転車ネット。
twitter/kibitoman
岡山の古代・中世・戦国・近世など郷土史大好き。岡山本も大好き。自転車、ジョギング、自然好き。ジャズ、ロックなど音楽好き。子育て中。
最新コメント
[09/04 r1pb1jm142]
[05/20 omachi]
[12/23 やぶひび]
[07/01 和]
[07/01 和]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(04/01)
(04/08)
(04/15)
(04/24)

Copyright (c)ほぼ週刊 編集日和 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]