忍者ブログ
吉備人出版・金澤健吾の編集日和です。
<< 09  2018/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[462]  [461]  [460]  [459]  [458]  [457]  [456]  [455]  [454]  [453]  [452
3月×日
活字の印刷物をテキストデータにするには、OCRソフトを使いスキャナで読み取ってデジタル文字に変換するか、手打ちでキーボード入力をするしかないと思っていたら、googleがこのサービスを無料でしていると社内で守安君に教えてもらった。コピー機のスキャナでPDFかjpgデータとして読み込んで、googleドライブを利用すれば、あ〜ら不思議、活字がテキストデータに。Googleの無料サービスは、検索やマップ、カレンダー、ニュースなどを使っているが、こんな機能があったなんて知らなかった。
3月×日
彫刻写真集が最終段階に近づき、左頁の写真と右頁の文章とのバランスをモニターで確認したいと著者が来社。それまでは、紙にプリントして校正をしてもらってきたが、プリンターの都合で紙の端が印刷できないのと、色が濃くなってしまうなどがあり、モニター確認を希望された。モニターを見ながらの微調整で終えることが出来た。これからは文字校正や印刷所への入稿、色校正などの工程が残っている。色の修正などもあるかもしれないが、指定された納期があるので気が抜けない。
3月×日
『恕の人 犬養毅』の著者が、犬養毅についての講演があるというので出かけた。吉備の文化を楽しもうという会が主催で、月1回に例会を開催している会。著者は、本書に登場する人物らに焦点を当てながら犬養毅像を浮き彫りにしていき、持ち時間いっぱいに話された。50人ほどの参加者は年配の方が中心で、熱心に聞かれていた。この会の存在はいままで知らなかった。岡山の文化や歴史を勉強しながら参加者や講師が交流する会はほかにもあるようだが、こうした会は岡山文化の底上げをしているのだろう。
3月×日
年度末の3月の後半。役所の方と話していたら、事業を仕上げを3月に終えなければならなかったり議会があったりと、度末は忙しいということだった。役所用語で3月60日とか3月90日の言葉があるそうだ。年度を締めように締められず、年度が替わっても前年度として続けることらしい。気持ちは分かる。2月は30日まで、12月も35日まであってもほしいと思ったことがある。民間なら事業が年度をまたぐことはあるが、官公庁は年度を超えられないところが苦しいところ。が、編み出した方法はいろいろあるようだ。
3月×日
ようやく暖かくなった。今後1週間の天気予報は、最高気温が20度を超える日もあるようだ。すでに桜の蕾はほころびかけている。開花は、平年より3、4日も早くなるらしい。後楽園近くの旭川河川敷や倉敷の酒津公園では、桜まつりの提灯が飾られていた。コブシ(モクレンかもしれない。区別がつかない)の花も咲き始めていた。四季のうちで冬が一番苦手。春の到来を機に、来週から自転車通勤を再開しよう、ジョギングする日を増やそうと、いろいろと意欲も湧いてくる春先であった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
プロフィール
HN:
執筆:金澤健吾
性別:
男性
自己紹介:
吉備人出版 取締役。
方谷研究会。
おかやま自転車ネット。
twitter/kibitoman
岡山の古代・中世・戦国・近世など郷土史大好き。岡山本も大好き。自転車、ジョギング、自然好き。ジャズ、ロックなど音楽好き。子育て中。
最新コメント
[09/04 r1pb1jm142]
[05/20 omachi]
[12/23 やぶひび]
[07/01 和]
[07/01 和]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(04/01)
(04/08)
(04/15)
(04/24)

Copyright (c)ほぼ週刊 編集日和 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]