忍者ブログ
吉備人出版・金澤健吾の編集日和です。
<< 11  2018/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
[467]  [466]  [465]  [464]  [463]  [462]  [461]  [460]  [459]  [458]  [457
工事中
4月×日
山陽放送「夢紡いで」(毎週月曜23:07~23:10放送)のテレビ取材班に同行し、番宣用のホームページと書籍用の取材をしている。そうそうたる企業のトップに直接話を聞くことのできる貴重な経験をさせてもらっている。この日の取材は、三菱自動車やJFEスチール、JXTGエネルギーなどが周辺にある、水島臨海工業地帯の中枢地区にある企業。水島の工業地帯の中に立ち入ることはめったにない。貴重な機会をもらったので、周辺を巡ってみた。このエリアは、高梁川の廃川となった旧東高梁川の河口と、さらにその南の干拓地にあたる。そう考えると感慨深い。
4月×日
毎年この時期、前年度決算の審判を受けるため、鳥取市の会計事務所に向かう。あいにくの雨だが、山の新緑に趣があってよい。高速道路で大型車両の後尾を走ると水しぶきが激しく舞い、前方が見えなくなることがある。約3時間の走行で鳥取市内に。決算数字におほめのお言葉を、新事業にも推進のお言葉をいただく。新事業とは昨年度から打ち出しているアーカイブ事業。客観的な立場の意見に励まされる。昨年にアーカイブの資格を取得したが、もっと知識を得てみようという気持ちになる。さらに上の勉強をすることにしよう。
4月×日
書籍制作をさせてもらっている最高齢のS氏のお宅へ。今年になって原稿とゲラのやり取りのペースが落ちている。体調は悪くないと言われるが、さらにスローペースになっているようだ。この日は、学校の教師との交流を原稿にしているとのことだった。この先生が何年に亡くなったかを電話して尋ねたいが、耳が聞こえないので私に電話してほしいと言われる。代理で電話してみると、ご本も奥さんも亡くなられていた。ご本人の同級生もみんな亡くなっているそうだ。気がつくと知っている人はみんない亡くなっていたという、浦島太郎の話の最後の場面を思い出した。高齢を生きるということは、そういうことなのか。
4月×日
取材先が決まると、その企業をネットで軽く調べるようにしている。企業名を検索すると、その企業の評判や口コミの項目が並ぶ。クリックしてみると、いくつかの書き込みがあり、思わず見入ってしまった。リクルート業者が運営しているサイトのようだで、「評判・社風・社員 のクチコミ」「勤務時間、休日休暇の企業分析」「福利厚生全般の納得度」のほか、「給与・年収の企業分析・研究レポート」という立ち入った情報も提供している。優劣を点数にしたり、星マークの数で表現したりしている。ただ、登録しないとアクセスできない情報もあるが、企業が丸裸にされているようだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
プロフィール
HN:
執筆:金澤健吾
性別:
男性
自己紹介:
吉備人出版 取締役。
方谷研究会。
おかやま自転車ネット。
twitter/kibitoman
岡山の古代・中世・戦国・近世など郷土史大好き。岡山本も大好き。自転車、ジョギング、自然好き。ジャズ、ロックなど音楽好き。子育て中。
最新コメント
[09/04 r1pb1jm142]
[05/20 omachi]
[12/23 やぶひび]
[07/01 和]
[07/01 和]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(04/01)
(04/08)
(04/15)
(04/24)

Copyright (c)ほぼ週刊 編集日和 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]