忍者ブログ
吉備人出版・金澤健吾の編集日和です。
<< 07  2018/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[470]  [469]  [468]  [467]  [466]  [465]  [464]  [463]  [462]  [461]  [460
工事中
5月×日
古文書の復刻をしている編者と会う。この編者が、「古文書を前にして座り、読み進めていると、目の前に本人がいるような気配がすることがある」と印象的なことを話していた。毛筆は本人の筆使いがそのまま筆跡として色濃く残る。江戸時代のものでも、座って机に置いて読めば、同じ姿勢で書いたもの。編者は、遺言として書かれたその古文書を偶然に入手してから、その筆者に導かれ、不遇な扱いを受けた自著を世に問うてくれと感じるとも。時代を超えて、不思議なことはあるものだ。
5月×日
卓球の男子プロクラブ「リベッツ」が岡山を拠点に始動、初戦は11月に岡山武道館で実施されるそうだ。学生時に卓球部に在籍していた身としては、気になるニュース。ホームの練習場が岡山武道館なら、これも近い。最近のオリンピックで活躍する若い選手のおかげで、盛り上がっているようだ。スポンサーはボブソンで、クラブ名の「リベッツ」はジーンズに使う金具「リベット」に由来するとか。サポーターになってもよいが、1度選手と対戦してお手並みを拝見したい。などと言ってみる。
5月×日
高松市の百貨店へ。最近転勤してきた支配人を取材するテレビ局スタッフに同行し、インタビューを収録する。本番前に、大手広告代理店の担当者とその上司二人が突然に部屋に入ってきて、支配人と談笑。インタビュー直前の支配人を、冷やかし半分に盛り上げる。取材開始の直前に部屋から出ていったが、単ににぎやかし部隊だった。昔ながらの代理店営業を見るようだった。帰りに高松商店街を通る。ただ今編集中の「表町商店街物語」(仮題)に高松商店街のことが書いてあったと思い出し、撮影して帰路につく。
5月×日
「岡山学」研究会で、これまで「吉井川」「旭川」「高梁川」「瀬戸内海」などをテーマに、「科学する」を書名に付けて10冊ほど刊行してきた。ここ数年、刊行できないままになっていた。このまま消滅しては尻切れとんぼになると考え、岡山県全体を自然科学の視点で捉え直し、これまでのシリーズ「岡山学」の集大成になる書籍の刊行を提案。執筆者に承諾をもらえ、刊行は来年になりそう。成羽や奈義町の山奥で貝殻の化石が出たり、鉱物や地質にも岡山ならではの特色がある。これは自分でも読みたい本。
5月×日
株主総会。今年は委任状を出される方が多く、少人数で開催。昨年は前年に続き、わずかに黒字を確保できる。反省点は反省し、今年の進め方や次世代の体制などの話も出て、有意義な総会となる。そして、アーカイブ事業などこれまでにない目標も掲げ、不退転の決意を持って事業を進めることを誓い合ったと理解して終了。この日は、晴天ながらも暑すぎず、爽やかな五月晴れ。梅雨前の、最も気持ちのよい季節。自転車通勤も最適。明日も天気の予報、子どもの運動会の日だ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
プロフィール
HN:
執筆:金澤健吾
性別:
男性
自己紹介:
吉備人出版 取締役。
方谷研究会。
おかやま自転車ネット。
twitter/kibitoman
岡山の古代・中世・戦国・近世など郷土史大好き。岡山本も大好き。自転車、ジョギング、自然好き。ジャズ、ロックなど音楽好き。子育て中。
最新コメント
[05/20 omachi]
[12/23 やぶひび]
[07/01 和]
[07/01 和]
[05/02 藤崎]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(04/01)
(04/08)
(04/15)
(04/24)

Copyright (c)ほぼ週刊 編集日和 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]