忍者ブログ
吉備人出版・金澤健吾の編集日和です。
<< 05  2019/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[520]  [519]  [518]  [517]  [516]  [515]  [514]  [513]  [512
5月×日
80歳代後半の著者と新規の出版契約。6年前〜10年ほど前に数冊の書籍をつくらせていただいた著者から、90歳を前に2、3年前から始めた短歌を1冊にまとめたいと、連絡があった。お元気そうだが、数年前に奥様を亡くして一人暮らしをされている。書籍の見積書を提出して、支払いの話に。全額の前金をお願いしたら、快く応じてくださった。年齢相応に物忘れも多く、いつ、何が起こるかもしれないということも感じておられるようだ。どのようなスケジュールで進めるか、お金のことをどうするかはお互いに大事なこと。よく話し合って、「誠」を持って接することをモットーとする。
5月×日
TSUTAYAのT店から大量の返品が届く。JR備中T駅に隣接する複合施設内にTSUTAYA書店と、TSUTAYAが経営する『高梁市図書館』を併設し、店内にスタバがあることでも話題になった。オープン時は、小社の書籍も大量に搬入した。開店後しばらくたって現地視察をしてみると、小社の本が手も届かない高い棚に並べられて、直感でディスプレイ本にされていると思ったものだ。あれから2年。ほとんどが返品されてきた。これが書店の現状ということだ。この書店にもしものことがあれば、図書館の経営はどうなるのかと、余計な心配をしてしまう。
5月×日
今月末で閉店する書店に、直取引で置いてもらっていた書籍を全て引き上げに行く。長間、直取引をしてきた書店だったが、遂に店をたたむことにしたそうだ。岡山市と倉敷市に数店を経営していたが、次々と閉店し、来月の倉敷の書店を最後のリアル書店はすべて閉めるそうだ。その後は通販での書店は続けるそうだ。それにしても、今月は返品が異常に多い。納品を上回っている。書店の状況はますます悪化し、深刻だ。リアル書店がヤバい。
5月×日
鹿児島県・屋久島で大雨による土砂崩れがあって登山者が孤立したなど、早くも九州で豪雨のニュース。北海道では40度弱に達し、5月としては初の猛暑日を観測したニュース。今年も異常気象による豪雨を予感してしまい、怯えている。昨年、大きな豪雨災害が起こった7月までもうすぐ。去年の豪雨のとき、もう数日降り続いていたら決壊の恐れのあった河川堤防は数カ所あった。万が一、県南の大きな河川が氾濫すると、浸水被害が甚大になるのは分かっている。ハザードマップを見れば一目瞭然。杞憂に終わればよいのだが。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
プロフィール
HN:
執筆:金澤健吾
性別:
男性
自己紹介:
吉備人出版 取締役。
方谷研究会。
おかやま自転車ネット。
twitter/kibitoman
岡山の古代・中世・戦国・近世など郷土史大好き。岡山本も大好き。自転車、ジョギング、自然好き。ジャズ、ロックなど音楽好き。子育て中。
最新コメント
[02/26 岡山商科大学はあなたの夢を叶えます!]
[09/04 r1pb1jm142]
[05/20 omachi]
[12/23 やぶひび]
[07/01 和]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(04/01)
(04/08)
(04/15)
(04/24)

Copyright (c)ほぼ週刊 編集日和 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]