忍者ブログ
吉備人出版・金澤健吾の編集日和です。
<< 03  2018/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[431]  [430]  [429]  [428]  [427]  [426]  [425]  [424]  [423]  [422]  [421
8月×日
(11日の「山の日」から16日までが盆休み)
8月×日
おかやまマラソンに出場できなくなって、ジョギングに身が入らず、走る距離は伸ばせないまま。時折、ラジオ体操に参加して、軽く走って帰る程度。最近は、週末、夕食の後にウォーキングをする。以前からウォーキングしていた妻と一緒に出かける。最初は物足らない感じがしたが、これがなかなかよい。『病気の9割は歩くだけで治る! 』の影響もなくはない。歩きながらできる話もできるのも良い。夜のウォーキングでは道端の草むらにいる鈴虫の鳴き声を聞くことができる。秋はすぐそこに。
8月×日
録画していた『NHKスペシャル』と『ETV特集』を、数日かけて観る。「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」「原爆と沈黙~長崎浦上の受難~」「樺太地上戦 終戦後7日間の悲劇」「戦慄の記録・インパール」「告白~満蒙開拓団の女たち~」「本土空襲 全記録」。終戦(敗戦)記念関連のテーマのものばかりだが、アメリカやロシアなどで公開された新発見の資料や、高齢になって体験したことを話はじめた人の証言で構成された内容は非常に重く、見応え充分。制作スタッフを称賛したい。
8月×日
『映像の世紀プレミアム』の「アジア 自由への戦い」も面白かった。20世紀はじめにフランスの実業家アルバールカーンが世界各地にカメラマンを派遣して撮影したという映像で構成。インドのガンジーとチャンドラ・ボース。北朝鮮のキムイ・ルソン、サウジアラビアの石油王・サウード、中国最後の皇帝・溥儀、そしてブルースリー。「グレートファミリー 巨大財閥の100年」も素晴らしかった。ロックフェラー、モルガン、デュポン、ヒルトン。動く「世界史の教科書」だ。おかげでお盆は、読書がほとんどできず。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
プロフィール
HN:
執筆:金澤健吾
性別:
男性
自己紹介:
吉備人出版 取締役。
方谷研究会。
おかやま自転車ネット。
twitter/kibitoman
岡山の古代・中世・戦国・近世など郷土史大好き。岡山本も大好き。自転車、ジョギング、自然好き。ジャズ、ロックなど音楽好き。子育て中。
最新コメント
[12/23 やぶひび]
[07/01 和]
[07/01 和]
[05/02 藤崎]
[02/14 藤崎]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(04/01)
(04/08)
(04/15)
(04/24)

Copyright (c)ほぼ週刊 編集日和 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]