忍者ブログ
吉備人出版・金澤健吾の編集日和です。
<< 09  2018/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361
6/×
自宅近くの本屋だった建物の前を通ったら、学習塾になっていた。元はショッピングセンターの中にあったのだが、そこを出て近くに国道沿いに3階建ての自社ビルを建て、そこに数年営業していた。2.3年に閉店してそのままになっていた。新しい学習塾は、特定の進学高校1校だけ合格を目指す特化型の塾。そのほか、書店を廃業した店舗が、今は何になっているか─。ロードサイドの郊外型書店は、古着店やバイク屋、100円ショップ、葬儀ホールにもなっている。葬儀ホールは岡山市内だけでも2軒。産業構造の変化といってしまえばそれまでだが、寂しい。
6/×
用水への転落事故が、岡山県は全国ワースト1位だそうだ。岡山市の南部には柵のない用水や橋が多く、自転車ごと誤って転倒し亡くなるケースが多いという。交通事故の死亡者のうち用水転落による死亡者の割合は、全国平均の6倍もなっている。この用水とは、広大な干拓地に張り巡らされた農業用の水路のこと。この干拓地は稲作が盛んで、農民たちの手により農業機械が次々と考案され、全国的にも機械化農業の先進地だったことは今ではあまり知られていない。現在『農業機械の先駆者たち―機械化農業王国・岡山の成立過程―』を編集中。
6/×
朝一で、『岡山の蘭学者』の著者・津下健哉氏が亡くなったという連絡が入った。ちょうど1年前ぐらいから編集を始め、今年の3月に刊行した。広島市在住の方で、電話で依頼を受けて、連絡とゲラのやり取りは電話と宅急便を使った。直接お目にかかることもなく、出来上がった書籍は宅急便で納品した。電話は娘さんからで、学会に出席して、階段から転んで5月初旬に亡くなられたという。93歳。先祖のことに関する内容で、お元気の時に納品できたことを安堵した。ご冥福をお祈りします。入稿いただいて、できるだけ早くつくることも大事なこと。
6/×
この日、コピー機のリース切れにより、新機種が入る。基本的な機能は旧機ほとんど変わりないが、コピー速度が速かったり人が近づくと自動で電源が入ったりなど、細部の機能は進化している。PCからの出力などでも使う複合機のため、コピー機を使わに日はない。複合機で、コピーは1枚あたりの代金がカウントされて紙代がかかり、ファックスは通信費がかかる。スキャンは無料ということを今回初めて知った。スキャンデータをDropBoxなどネットサービスを使って相手に送れば、まったく費用がかからない。ただ、ゲラの校正は、プリントして紙で見ないとできない。
7/×
小社の電子書籍が微増していると思う。たまたま先月、500頁を超える高額本が出たからかもしれないが…。電子書籍の販売店は、kinoppyやhonto、BookLive!、Kindle、楽天Kobo、BOOKWALKERなどが中心。この日、村上春樹の「初期三部作」の電子書籍を、講談社がリリースした。電子書籍業界にとっては、ユーザー拡大のきっかけになるかもしれないビッグニュース。253万部の大ベストセラー「火花」は、電子書籍でも16万のダウンロードがあったらしい。受賞以降、品薄状態が続いていたが、電子書籍で対応していたという。電子書籍は紙を補完する。
7/×
第2回地産知書フェアの関連トークイベントが丸善岡山店であった。前回の青山融氏に続き、今回は登山家・守屋益男氏。「80歳、キリマンジャロ登頂記」と題して約1時間の話を聞いた。会場は満席。ベテラン登山家が経験を基づいて周到な準備をして、ラクに登ったのかと思っていたら、そうではなく困難な道のりを苦しみながら乗り越え、頂上が見えた最後の日は泣きながら歩いたという話は感動的だった。80歳という年齢で「挑戦」する生き方は、もっとたくさんの人にも参考になるはず。かといって大ホールでするイベントでもなく、近くで聞くのがいい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
プロフィール
HN:
執筆:金澤健吾
性別:
男性
自己紹介:
吉備人出版 取締役。
方谷研究会。
おかやま自転車ネット。
twitter/kibitoman
岡山の古代・中世・戦国・近世など郷土史大好き。岡山本も大好き。自転車、ジョギング、自然好き。ジャズ、ロックなど音楽好き。子育て中。
最新コメント
[09/04 r1pb1jm142]
[05/20 omachi]
[12/23 やぶひび]
[07/01 和]
[07/01 和]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(04/01)
(04/08)
(04/15)
(04/24)

Copyright (c)ほぼ週刊 編集日和 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]