忍者ブログ
吉備人出版・金澤健吾の編集日和です。
<< 09  2018/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[418]  [417]  [416]  [415]  [414]  [413]  [412]  [411]  [410]  [409]  [408
5月×日
岡山県が母子健康手帳交付時に妊婦に渡している冊子『育て応援Book(パパ編、グランパ&グランマ編)』。この冊子に小社の『新版 孫育ての時間』のからの引用が多く、著作権違反の疑いが! 本書は産婦人科、小児科医、助産師、看護師らが執筆したもの。著者の一人から、この冊子は本書からの引用が多く、参考文献にも挙げていないとの指摘があった。内容を検証したところ、文章が酷似し、要約しながら文章をつくっているところが数カ所。県の担当課に確認したところ、「参考にした」と。ネットで公開している冊子と増刷時に、参考文献として記載するとのこと。
5月×日
最近の朝は、公園にジョギングで行ってラジオ体操に参加。早朝でも暖かく、Tシャツでもちょっと入れば汗ばむ。マラソンのエントリーが決まれば、ジョギングの距離を伸ばす気のもなるのだが、まだそんな気にもなれない。おかやまマラソンの「岡山市民県民優先枠」の「落選」の通知がメールで届く。競争率は5倍を超えていたらしい。自動的に「一般枠」扱いになってまた抽選されるそうだ。発表は6月20日に届く。毎年応募者が増えているから、どうなることやら。当選したら、半年間の本番に向けた練習を背負い込むことになるが、くたびれているシューズを新調するかな。
5月×日
若い頃からカメラが趣味で、昭和30年代に住んでいる街の風景や子供たちの様子を撮っていた方から写真集の話をいただき、ご自宅へ。昭和の遊びをしている子どもたちが写り、自分の子ども時代の写真を見てるようだ。写真を整理しキャプションなども書き、順番など考えておられた。5年前、愛知県の出版社の『岡山市今昔写真集』(定価9,990円)を制作するときに写真を借りた方でもある。当時、この高額写真集の販売を前に、地元の教科書販売取次が協力して予約をとり、良い結果が出していた。地元の書店に寄って予約販売を相談するが、「もうよう売りません」と。
5月×日
「共謀罪(組織犯罪処罰法改正案)」を衆院委で強行採決。「安倍一強」を背景に数の力で押し切る強引さは、国民のことは眼中になく、身内のことしか考えていないようだ。1925年の治安維持法と、今回の共謀罪の政府与党の説明が似ていることも話題になっている。施行になってから、警察が現場で拡大解釈し、市民が締めつけられて行くのは治安維持法施行後を見ると明らか。驕っている証拠に、強行採決は常套手段になった。民主主義は説明に手間を要しても、丁寧に説明して話し合い、理解を求めることが必要。このまま強引に進める先に、何が待っているのか。
5月×日
NHK「ブラタモリ」の6月3日(土)午後7時30分〜は、「倉敷 〜なぜ美しい町並みが倉敷に?〜」が放送される。倉敷市歴史資料編纂室に寄ったら、山本室長が教えてくれた。番組ディレクターが毎日電話をしてきたそうだ。山本室長らが執筆の『絵図で歩く倉敷のまち』が番組のネタ本になっているとのこと。番組の中でも山本室長が案内役で登場する。小社の著者でもう一人、『鉄道遺産を歩く』の著者・小西伸彦氏(吉備国際大学准教授)も出演する。近代化遺産の専門家として、美観地区の建物の説明をするそうだ。さてどんな倉敷紹介の番組になるのか。必見!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
プロフィール
HN:
執筆:金澤健吾
性別:
男性
自己紹介:
吉備人出版 取締役。
方谷研究会。
おかやま自転車ネット。
twitter/kibitoman
岡山の古代・中世・戦国・近世など郷土史大好き。岡山本も大好き。自転車、ジョギング、自然好き。ジャズ、ロックなど音楽好き。子育て中。
最新コメント
[09/04 r1pb1jm142]
[05/20 omachi]
[12/23 やぶひび]
[07/01 和]
[07/01 和]
最新トラックバック
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(04/01)
(04/08)
(04/15)
(04/24)

Copyright (c)ほぼ週刊 編集日和 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]